思いのとらえ方

こうやって書くとなんか固い印象を持ってしまいがちですが

今日はそんな話

 

思い込みってありますね

相手のためにと思っているのに

ちょっと違っていたり

 

例えば、車の運転を男性がしていたとします

女性が助手席に乗っています

車のスピードが速くて、

女性が「こわい…」と言ったりします

このあと、「大丈夫だよ」という言葉を言う男性

いませんか?

 

これ、思い込みというか、思い違いなのではと思ったりします

なにが大丈夫なのでしょうか

「こわい」⇔「大丈夫」→解決?

「こわい」→「減速」→解決

 

いやいや、別に「大丈夫」で大丈夫だ。といわれる方もいらっしゃると思います

まぁそのときの「こわい」という思いののとらえ方でしょうね

 

ずっと思っていることですが

形のないものを商品としている私たち

頼りになるのは、

お施主様の思いと

設計者の思いと

会社の思い

 

それが最初から、ぴったりとすべて重なることはめったにないと思います

でも、それが最初からなるべく重なっていると、

後々の打合せがスムーズにいきますよね

 

でも、その思いもかみ合わないことだってあります

こちらは、良いと思っていても、ちょっと違っていたり

そのために、打合せをさせていただいたり

施工例の写真を見ていただいたりしています

 

弊社には決まったデザインがありませんが、

設計する人間は三人です

三者三様ですね

 

新築施工例を参考に見ながら、どのお家が自分の好みに合うなぁと

考えてみられても面白いかもしれませんね

 

<タニシ号>

 

 

<<イベント情報>>

VR導入しました

作ったプランがそのまま

バーチャルモデルハウスになり

平面図だけでは分かりにくい空間の広がりをリアルに体感できると思います。

お気軽にお問い合わせください

 

・-・-・-・-・-・-・

    社員募集中

 

工務・営業募集しています!

お気軽にお問い合わせください!

タニシの木の家   5つのヒミツ!
タニシの5つのヒミツがご覧頂けます。
タニシ@あげそげ表紙面.pdf
PDFファイル 1.1 MB